はじめに TRICHORDのコンセプト

ソフトウェア開発のプロジェクトを推進するにあたって、現場ではプロジェクトの状況を把握するのに 苦労しています。その原因の一つとして「プロジェクトが非常に見えにくい存在である」と言うことが できます。営業、マネージャーレベルで合意しているスケジュールと、実際の現場で行われている作業の ギャップ、互いの現状認識の差異、コミュニケーション不足による誤解、現場の誰もが本当のプロジェクトの 状況を理解できていない・・・このような現場に出会ったことはありませんか?

この不透明さはどこからくるのでしょうか?
我々は以下のような点が不透明さの原因となっているのではないかと考えます。

- あいまいな進捗把握
- 「今」の全体の状況が見えない
- 作業者の互いの状況が見えない

  TRICHORDとは

タイムボックスマネジメントを実現するプロジェクト管理ツールです。
前述した問題を解決するために、プロジェクトを時間、作業、人の3つの視点から見える化します。

  タイムボックスマネジメントとは

プロジェクトの中で、一定期間ごとに進捗把握と作業調整のためのチェックポイントを設け その期間(タイムボックス)の中で、作業量をコントロールし、プロジェクトを管理する方法です。 プロジェクト終了時ではなく、チェックポイントごとに作業評価や優先付けを繰り返しながら、 成果物を出していくことができます。
進捗評価をプロジェクト全体に対してではなく、その期間に作業するタスクに限定することで、 タスクの完・未完状況を明確に把握できます。

  とき、こと、ひと

プロジェクトは非常に複雑な要素で構成されています。
そこをあえて「とき」、「こと」、「ひと」の3要素にシンプルにしました。プロジェクトには、 必ず「とき」が存在し、その中で実現する「こと」があります。そして、その「こと」を実現するのは「ひと」です。
TRICHORDは、プロジェクトをこの3つの要素から見わたします。

  Win:Win:Win を目指す

TRICHORDは、現場のエンジニア、リーダー/マネージャー、そして成果物を手にする顧客の3者を Win:Win:Win、全員がHappyな状態になるように導くためのツールです。
「ある期間に成果を出し、プロジェクトをゴールに導く ... Getting Project Done」を支援します。
〜エンジニアが日々の作業をこなすために使用した結果が、マネージャーや、さらにその先の顧客の嬉しさに繋がる〜、そんなツールを目指していきます。

  機能概要

かんばん

タスクかんばんは、小さくブレイクダウンした作業を、規定の作業期間内において、未着手、作業中、作業完了の三つの状態に分け、タスクの残状況を把握します。 ある時点での作業の完了・未完状況を視覚的にとらえることができます。 他に、タイムボックスごとの実現機能を表すストーリーかんばんや、さらに大きくリリース単位でとらえるフィーチャーかんばんもあります。


バーンダウンチャート

残作業量を視覚化する右下がりのグラフ。縦軸に残りの作業量を、横軸に時間を割り当て、 日々の残作業量をプロットしていくことで、あとどれくらいの時間がかかるのかを可視化します。 毎日の残作業量をデイリーバーンダウンチャートと、タイムボックスごとの残作業量を見るチャートがあります。


ニコニコカレンダー

プロジェクトに携わるメンバの気持ちを、色つきのスマイルアイコンと一言で表現することで、チーム全体の雰囲気を表します。


Webレポート

複数のプロジェクトの状況を視覚化したHTMLレポートを出力します。

  基本機能

複数プロジェクトを管理できるワークスペース切替機能
プロジェクトに参加しているユーザーの切り替え機能
かんばん、バーンダウンチャートの印刷機能
XMLによるシンプルなデータ管理方式
Eclipse RCP(リッチクライアントプラットフォーム)環境を利用した高度な操作を実現
ネットワーク経由で、最新版への更新も簡単


  TRICHORDの新機能

TRICHORDに新しく追加された機能は新機能をご覧ください。


  かんばん機能の特徴

かんばん機能共通
「かんばん」を使うことで、作業をビジュアルに表現できます。
   - 箇条書きのリストより、さらに直感的な「カード」という形での表現
   - 色や配置する位置による空間を活かした表示
   - チェックマークで示されるカードの完了状況
   - コピーと貼り付けを使うことで、繰り返す計画をスムーズに立案
   - 拡大/縮小が自在
   - 複数人での操作に便利な変更検知機能

フィーチャーかんばん
   - カードメタファーで、リリース、フィーチャーを単位とした計画を支援
   - ストーリーの状態から、フィーチャーの未着手/完了を自動計算
   - ストーリーの状態を集計して、フィーチャーの状態を視覚化
フィーチャーかんばん
クリックすると大きな画像を見られます。

ストーリーかんばん
   - カードメタファーで、イテレーション、ストーリーを単位とした計画を支援
   - タスクの状態から、ストーリーの未着手/完了を自動計算
   - イテレーションごとのプロジェクト速度を表示
ストーリーかんばん
クリックすると大きな画像を見られます。

タスクかんばん
かんばん
   - イテレーション内の作業をタスクカードとして管理
   - タスクはドラッグ&ドロップで操作
   - タスクの状態(未着手/作業中/完了)をカードの位置で表現
   - ストーリーとタスクの関連を、カードのラインカラーで表現
一覧
   - タスクの残時間を表形式で入力可能
   - 各行の色で、タスクの状態を表現
タスクかんばん
クリックすると大きな画像を見られます。


  バーンダウンチャート機能の特徴

イテレーションバーンダウンチャート
1つのリリースにおける、イテレーションごとのストーリーの残量をグラフ化
   - リリース内に全てのストーリーが終わるか、終わらないかを視覚で判断
ストーリーかんばんと連動し、カードの更新(状態変更)に応じてチャートを自動更新
イテレーションバーンダウンチャート
クリックすると大きな画像を見られます。

デイリーバーンダウンチャート
イテレーション内の日々のタスク残量を視覚化
   - イテレーション内に全てのタスクが終わるか、終わらないかを視覚で判断
タスクかんばんと連動し、カードの更新(状態変更)に応じてチャートを自動更新
デイリーバーンダウンチャート
クリックすると大きな画像を見られます。


  ニコニコカレンダー機能

メンバーの日々の気分と一言を記録し、チームのムードを視覚化
表示期間の変更が可能
ニコニコカレンダー
クリックすると大きな画像を見られます。


  Webレポート

Webレポートは複数のTRICHORDワークスペースを HTMLレポートに出力します。このWebレポートでは、複数プロジェクトの最新状況を サマリーとして見ることができます。 また、各プロジェクトの詳細情報を表形式で見ることもできます。
コマンドライン、GUIの両方をサポートするユーティリティを備え、環境に 応じた利用が可能です。 Web report
クリックすると大きな画像を見られます。


       OracleとJavaは、Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
Other systems and products are each maker's registered trademark.
(C)Copyright 2007-2012 Change Vision, Inc. All Rights Reserved.